December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

真夜中に現れる富士山・・・

こんにちは、ひとしです。

またまた、大阪までちょっと行って来ました。
その帰り道の出来事です…

あれは、今でも驚きの出来事でした…
» read more

ぺんきぬりしました!

こんにちは、ひとしです。
土曜日日曜日と二日かけてペンキをぬりました!

壁面を高圧洗浄機であらってから、
雨は、降るは、仕事は、残業になってしまうは、…
» read more

お買いもの♪

どーも、さおりです。

先日の土曜日、渋谷まで買い物に行ってきました。
何を買いに行ったか。それは、傘。
今年の梅雨入り頃に傘とレインブーツを買いまして、
購入した傘が丈夫なビニール傘ってやつで
そいつの先(石突)が気づいたらなくなってまして・・・
» read more

“kobo touch”は書棚の救世主となり得るか?


ども。演出です。

買ったのは10月のアタマだと記憶しているので、ネタ的にちょいと古いのですが、巷間話題の電子書籍端末について少々。ああ、Facebookのポスト見ると10月4日になってますな。

時に“kobo touch”、ご存知でしょうか?
(なんか毎回この展開だな…笑)
» read more

季節の趣き

ハジメマシテ。
そして、「"kiso-ten" -Annex- the BLOG」へようこそ。
さおりと申します。

ブログを書くってことで、日々の出来事でも・・・
毎日通勤に2時間、電車に揺られて通ってますよ。ええ。
通勤時間が車窓から眺める景色に季節を感じることができます。
先日は、皇帝ダリア(木立ダリア)が綺麗に咲いているのを見かけました。
電車から見かけたので写真はありません ^_^;
たまに雉が田畑の中にいたり…そろそろ、霜が降りて田畑がキラキラしているのが見られるかな?
また季節を感じる趣きを紹介します。では。

やっと手元にパソコンが。

はじめまして
こんにちは。YUKiです。
この劇団に初めから参加しています。

小1男の子と小3の女の子の2人の母です。
仕事は訪問介護をしています。
よろしくおねがいします。

今日、私と子供専用のパソコンがついに、
部屋に入りました。
» read more

ぺんきぬりをしないと・・・

こんにちはひとしです。一応団長をさせて頂いています。
仕事はトラックの運転手さんで、関東近辺を配達しています。
毎日お金を貰って、ドライブをするおいしい仕事ですね(^.^)

さて表題の件ですが、日曜日に稽古が終わってから、
ちょっと大阪までお仕事に行って来ました。
» read more

睡蓮鉢のことなど


ども。演出です。

お初にお目にかかります。自己紹介とかするべきなのでしょうけれど、本文が長くなりそうなので端折ります(笑)。画面内のどこかにある(はずの)「PROFILE」欄「演出」項を御覧くださいませ。

で、劇団のブログですから。フツーは劇団のことや稽古場での出来事などから書き始めるのでしょうがね。「稽古場日記」とか言ってね。でも、“フツー”なんてクリエイティブの墓場じゃん、とか言いながら、いろいろフツーに出来ない演出はいきなり個人の趣味のことなどから書き始めます。

時に「睡蓮鉢ビオトープ」御存知ですかね?
» read more

BLOG、始動。


本日より劇団“奇想天外”のブログを開設いたします!
はじめまして。そして、このブログに立ち寄ってくださり、ありがとうございます。

私たち劇団“奇想天外”は、千葉県 松戸市 新松戸にある青少年会館を拠点に、現在、中学生から40代前半の社会人、合わせて約10名で活動している舞台演劇団体です。

現在まで約20年ほど、地元新松戸で活動して参りました。青少年会館で毎年開催される文化祭、芸術祭などに参加し年1〜3回の公演を主として、出張公演なども行いながら「お客様とともに自分たちも楽しめる芝居創り」を目標に活動しています。

このブログでは劇団“奇想天外”(通称=きそてん)の団員たちが持ち回りで記事を投稿していきます。

このブログのタイトル「 “kiso-ten” -Annex- the BLOG」の「Annex」とは「別館,分館,建て増し,離れ」といった意味です。本館を離れたくつろいだプライベート・スペースで、オフィシャルサイトや舞台からは窺い知れない稽古場の空気感や、団員たちの素顔をお見せ出来ればと思っています。

興味を持って頂けましたら→ http://www.kiso-ten.com/
もしくは右の“LINKS”からオフィシャルサイトへお越しいただけると嬉しいです。
私たちの仲間になってくださると、もっと嬉しいです(笑)

それでは、劇団“奇想天外”を今後共どうぞよろしくお願いいたします。

<<back|<789101112
pagetop